話の内容が、まとまらないのはなぜ?

話の内容が、まとまらないのは何故?

 

この人何を話しているんだろう?相手の言ってることがわからない。自分で話をしていて何を話しているのか分からなくなった。こんな経験は無いでしょうか?

今回は、話の内容がまとまらい人の性質について「話の内容がまとまらないのはなぜ?」についてご紹介します。

 

話が、まとまらない人の性質

 

 

話の内容がまとまらない人の性質

日々の会話、お仕事での契約、商品の説明、自己紹介など相手が何を話しているのか理解出来ず、相手の話を聞かなく、なってしまったり、商品を購入しようと思っていたけれど内容がわからず、結局購入しなかったなど、そんな経験は無いでしょうか?

 

話の内容が、まとまってない人には、ある性質があります

性質を理解することで、どのようなコミニケーションをとっていけば、より効率的に、ビジネスの契約が取れたり、プライベートも、より充実していくのか、知りたくありませんか?

 

今回、お伝えすることを理解していれば、普段話が、まとまらない人は、話をまとめるのが上手になり、相手が、話の内容がまとまっていなければ、理解するための方法がわかるようになりますので、是非、活用して下さい

最重要内容を話す

最重要内容

話の内容がまとまらないとは、これが、できていないんです。

「一言で話せてない」

どういうことかといいますと、1回に話す内容が、非常に多い、情報量が溢れていると言うことです。

せっかく、話せる機会だからとあれも、これも、そういえば、このことも伝えたいと思ってしまい、沢山の情報を話してしまうので、相手の頭の中が混乱し、処理できなくなってしまいます。

 

話の内容が、まとまらない人は、文章で言うと句読点が多く、1文が非常に長いので、まとまらなくなってしまいます。

 

相手に、話すときは1文にして話すようにすると内容はまとまり、相手に伝わりやすくなります。1文にするのが、難しい人は、たくさんある内容の中で、今回1番伝えたいことを、1文にするように心がけてみてください。

会話のキャッチャボールが大切

 

 

会話のキャッチボール

次に、相手が何を話しているのかわからない、つまり話している人の内容がまとまっていない場合は、どのようなコミニケーション、会話をすれば、相手の話が理解できるようになるのか?

これは、ズバリ、質問することで解決できます。
質問する3つポイント

① 相手の話を最後まで聞く

② 話の内容を否定しない

③ 1番伝えたいことを聞く

ポイントを1つずつ解説していきます。

① 相手の話を最後まで聞く

最後まで聞く

話してるうちに相手の、話の内容がまとまっておらず、理解できなくなった時はわからなくても、途中で質問したり助言はせず、最後まで相手の話を聞くことがポイントです。

 

途中で、質問したり内容を確認すると、相手の話は、さらに、まとまりなくなり、話が脱線したりしてしまいますので、グッと堪えて最後まで聞いていきましょう。全てを話すことで、相手はスッキリします。

② 話の内容を不定しない

相手の、話した内容がわからなくても、その内容が、理解出来なくても、決して話の内容を、否定をしないでください。否定をしてしまうと、今後の関係性を築くのに時間がかかってしまいます。

 

すべての話を聞いた後、まずは、話してくれたことに対して、感謝の言葉を届けることが大切です

これによって、相手はあなたが話をしっかり聞いてくれたと思い、信頼できる人と言う認識に変化します。

③ 一番伝えたいことを聞く

①.②をした後に、ここで、質問するのです「今話してくれた、内容で○○さんが、今回1番、私伝えたい事は何? 」と質問します。この質問をすることで、相手が1番何を伝えたかったのか?あなたは理解することができます

 

話の内容がまとまってない人の、話を理解するには、①から③を繰り返すことで相手が伝えたいことが、一体何なのか?わかるようになります。

 

これを繰り返すことによって、会話のキャッチボールができ、コミュニケーションが可能となります。相手との信頼関係を、高めるにはこの方法を試してみてください。

話の内容が、まとまらないと損をする?

日々の家族との会話、ビジネス上での会話、話がまとめられるようになると、コミニケーションが仕事も、プライベートもスムーズに変化していきます。逆に話の内容がまとまらないと、このようなことが起こりやすくなります。

話の内容がまとまらい

相手に伝わらない(イライラ)

話た内容に価値がない(話を聞いてない)

売れない・選ばれない・会話しない

せっかく話しても、すべて時間が無駄になってしまい、あなたの大切な時間を、削ることになってしまいますので、話をまとめて、相手のコミュニケーションに役立てて下さい。

まとめ

話の 内容を一言で伝えることは非常に重要です

 

なぜならば、ビジネスであればセールス・クロージング・プレゼン・セミナー・営業・自己紹介・お客様からの相談などに、プライベートであれば、夫婦の会話・家族との会話・婚活・彼氏彼女・友人との会話など、全てに繋がっていき、必ず役立に立ちます。

 

常に、一言で伝えることを意識し、相手が話の内容が、まとまってない時は、質問し会話のキャッチボール、を楽しみながらコミニケーションをとっていき、質の良い時間を過ごしていきましょう

 

最後まで、お読み頂き、ありがとうございます。

(Visited 53 times, 1 visits today)