自己紹介で、緊張してしまうのは、なぜ?

自己紹介で緊張するのは、なぜ?

自己紹介で緊張してしまうのは・・時間限られている事、人前に慣れていない、上手に話したいという心理が働くからです。

自己紹介で緊張を和らげるには、自己紹介をするための原稿を作成する事。

 

交流会や、セミナーに参加すると「簡単に自己紹介して下さい」と言われることが多いと思います。簡単にというのは、1分程度の自己紹介が妥当です。

1分以上は聞いている人が、長いと感じてしまうので、1以内に自己紹介をすることをオススメします。

1分間話すのにどのくらいの文字数が必要

 

1分間の原稿を作成するには、250文字〜300文字で作成する。作成したら「原稿を読む」言いにくい言葉はないか?毎回、噛んでしまう箇所はないか?もし、そのような言葉があるならば、あなたの言葉に変換してください。

次にすることは、時間を計りながら原稿を読み1分以上かかってしまうようでしたら、内容を削除して作成しブラッシュアップしていきましょう。

さらに、動画を撮影しながら原稿を読み上げ、あなたのクセがないのか?確認してみましょう。

例えば、常に髪に触れていたり、『えーっと』と何度も言ってしまっていたりすると、聞いている相手は話している内容よりも、あなたの動きや言葉のクセが気になってしまいますので動画をチェックして確認しましょう。

 

まとめ

自己紹介で、緊張をしないようにするには、準備が必要です。

原稿を準備し、そして原稿を読む・時間を計る・動画を撮影する。しっかり、準備することで、緊張は随分軽減されますので、まずは原稿を作成することから始めていきましょう。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

(Visited 66 times, 1 visits today)