好印象を持たれる自己紹介法の仕方

好印象がもたらすチャンスとは?

 

己紹介で、相手に与える印象は、ビジネスや人間関係をスムーズに築けるかどうかに影響します。好印象を持たれる自己紹介ができれば、また会いたと思ってもらえるきっかけにもなります。 

今回は、好印象を待たれる自己紹介の仕方をお伝えします。

自己紹介で好印象を持たれるための、5つのポイント

あなたの第一印象を決めてしまう自己紹介で、好印象を得るためには、どのようなことに気を付ければ、いいのでしょうか?

 

自己紹介の目的は、あなたの基本的な情報をはっきりと伝え、良い面をアピールすることです。

 

あなたの振る舞いによって、伝わるか伝わらないか左右されます。 常に相手に見られていると言うことを、意識して自己紹介をしていきましょう。

 

 

それでは、5つのポイントを解説します

ポイント① 明るい表情

自己紹介をする際は、明るい表情を心がけましょう。人はプラスの感情を表現している人に対して、好印象を持ちやすいものです。

 

暗い表情をしていると、やる気がないと言うイメージを抱かれてしまいます。緊張で表情が、硬くなってしまうこともあるかもしれませんが、少しだけ口角をあげて明るい表情をこころがけてみましょう。

 

ポイント② 聞き取りやすい発声と音量

自己紹介に限らず大勢の前で、話す際には相手が、聞き取りやすいような発音と声量を、こころがけましょう。

 

日常会話のような、あいまいな発音や小さな声では、自己紹介が全く伝わらない可能性があります。

 

自分が気持ちよく話すと言うことではなく、自己紹介で1番大切にするべきことは、相手に伝えると言うことです。聞き取りづらい自己紹介は、相手を不快な気持ちさせ、あなたの評価を下げてしまいます。

 

相手に聞こえる、発音と声量で伝えるように意識しましょう。

ポイント③ 正しい姿勢

自己紹介をする際には、正しい姿勢を心がけましょう。

 

背中が曲がっていたり重心が片足に寄っていたり何かに寄り掛かっていたりすると、印象が悪くなってしまいます。

 

また正しい姿勢を意識すると、自然と正しい発声が、できるようになり言葉の聞き取りやすさにもつながります。自己紹介を成功させるためには、正しい姿勢を意識しましょう。

ポイント④ 長すぎるのは禁物

自己紹介が長すぎると、聞いている方は飽きてしまいます。適切な長さを意識しましょう。自己紹介をする段階で、相手はあなたと、それほど親しくありません。

 

その状況で深く掘り下げて話をしても、意味がありません。また長すぎると、自己紹介の内容が何だったのか?

 

分かりづらくなってしまい、結局、何も伝わらなかったと、言うことになりかねません。伝えたい要点をまとめて、自己紹介するようこころがけましょう。

ポイント⑤ 相手と目を合わす

目と目のあった状態で、話を聞くとその内容を信頼しやすい傾向にあります。きちんと相手の目を見て話すようにしましょう。

 

これは相手に対しての自己紹介の内容を話すと言うアピールにもなり、1度も目が合わないと自信がない人なのかな?

 

不審な人と言うイメージがついてしまう可能性があります。目を見る事は慣れないうちは難しいでしょうが、相手に好印象を与える自己紹介するには、相手と目を合わせることを意識してみましょう。

まとめ

 

最初の印象で、悪印象を与えてしまうと、相手はあなたに興味を持つこともなくビジネスに繋がるのは、まず難しいでしょう。

 

初めて、自己紹介するときは好印象を持ってもらえるように、5つのポイントを、しっかりと意識して自己紹介していきましょう。

 

(Visited 18 times, 1 visits today)