一生、忘れられない自己紹介の仕方

一生、忘れられない人になるには?

ビジネスや人間関係において、相手に一生、忘れられない自己紹介をすることができれば、あなたの仕事がとても、有利になります。

 

たくさんの人と出会う中で、自分のことをより強い印象で、相手に記憶に残すことで他の人よりもビジネスチャンスに繋がっていきます。

 

たとえば、名刺交換(自己紹介)をしてから数週間後、相手に電話をして「どちら様ですか?」などと言われしまった場合、

相手にとって、あなたの自己紹介は全く記憶に残っておらず、ビジネスに発展する可能性はとても、低いでしょう。

 

裏を返せば、一生忘れられない自己紹介をすれば、のちに大きな結果を得られる可能性が広がります。

今回は、一生、忘れられない自己紹介の仕方をお伝します。

相手に覚えてもらう4つの技

① 名前にまつわるエピソード

名前は、あなた自身を表す大切なキーワードです。一生忘れられない自己紹介をするうえで、名前を相手に覚えてもらうのは必須です。

名前にまつわるエピソードを簡単に触れるといいでしょう。

わたしの場合、「杉山 永里子です ありふれた名前ですがエリコの漢字は珍しく、永遠に里の子と書きます。

永遠に里の子という文字から一生、結婚できないかもと両親に心配されていましたが無事、結婚でき今とても幸せです」と名前のエピソードを入れています。

② 出身地・住まいエピソード

生まれ、育った地域や現在の住まいの特性や県民性も、アピールポイントになります。

聞いている人が、同じ出身地や同じ地域の住まいの場合、親近感を持ってもらい、印象に残ります。

わたしの場合、「住まいはハートの街、○○市です。ハートの街の由来は、旧○○町と旧○○町が合併した結果、地図上の形がハート型に見えることから、ハートの街と言われています」と伝えると必ず、覚えてもらえます。

 

また、あなた本質を知ってもらうことができ、忘れられないポイントになるでしょう。

わたしの場合、司会者の頃は「司会者なのに・・自己紹介、苦手だったのが情けなくて、自己紹介について学び苦手意識を克服することで、自分の目標を達成していくことができました」

自分の短所を知り、極めることで人に役に立つこともあり、ビジネスチャンスになる可能性にも広がります。

③ 情報と具体性を結びつける

自己紹介は、とても大切です。しかし、情報だけを伝えても、残念ながらほとんど覚えてもらえないのが現実です。そこで、情報をヒモ付けすることで、記憶を残すという方法を使い、

あなたの個性や特徴を相手に結びつけて伝えることが大切です。

わたしの場合、「子供のころから、どこにいても声がよく透るねと皆から言われていまましたので、大人になったら声を活かした仕事がしたいと思っていました。

そこで、司会者という声を活かせる道を選びました」というようにエピソードがくっついていると覚えてもらえます。

④徹底した明るさを・・

どんなに、素晴らしい内容の自己紹介をしてもなんかこの人、暗そうだなという印象に思われてしまったら、誰も覚えてくレませんし覚えてもらえなければ、次の約束につながることは、決してありません。

ビジネスの基本である明るいイメージを強く意識して自分を覚えてもらうことが、重要です。

ここでお伝えしたのは、さです普通の明るさではなく徹底した明さです。わたしの場合は、最初の第一声に徹底的な明るさを重視しています。徹底した明るさで相手に印象付けましょう。

まとめ

 

一生、忘れられない自己紹介をすることで、得られるのは、また次もあなたに会いたいと思わせることです。

 

初めて会って自己紹介をし、相手に印象に残らなければビジネスに発展することは、まず難しいでしょう。

 

自己紹介こそが、自分を知ってもらう最初のきっかけでもあり、興味を持ってもらうためのポイントです。

 

その先に、もっと深い関係を気付きたいという気持ちに発展していきます。

2回目も会いたいと思わせる一生、忘れられない自己紹介をいきましょう。

(Visited 36 times, 1 visits today)