オンライン講座を作る最大のメリットとは!?

オンライン講座を作成することで人生が変化する

オンライン

コロナ禍の影響で世界は変化し始めました。1年前では考えられないほどオンライン化が進んでします。その中で自分の商品やサービスをオンライン講座にしたいと考えている人も多いと思います。オンライン講座を作成することによってどんな未来が待っているのか?

 

デジタルマーケティングの専門家

杉山 永里子です。

 

実は私はコロナ禍になる前からオンライン講座に着目していました。その理由は、オフラインつまり対面での講座を開催していましたが移動時間やセミナー会場、懇親会のお店探しなど・・面倒だなと感じていました。他にも色々悩みはありましたが面倒だと感じていることがオンライン講座を作成すれば解決出来ると思いオンライン講座を作成することを決めました。

 

これまでオフライン(対面)で講座やセミナーを開催していた人は、私と同じような気持ちになった人もいるのではないでしょうか?また、これからオンライン講座を作ってみたいと思っている人がどんなメリットがあるのかをこの記事を読むことで知ることが出来ます。

 

結論から言うと、私はオンライン講座を作成して良かったと、こころから思っていますので、あなたにもぜひ、挑戦してもらいたいです。

 

今回は、「オンライン講座を作る最大のメリットとは⁉︎」についてご紹介します。

 

オンライン講座を作るメリット

不労所得

オンライン講座を作ることで得られる最大のメリットは、不労所得を得られることです。オンライン講座を作成し、販売することができれば、あなたが働いていない時間にも利益を得られるようになります。

 

労働をしないでお金を得るイメージはなかなか沸かないかもしれませんが、それはあなたが不労所得の仕組みを知らないからです。一般的な会社や企業では、働いた時間の分だけ給料が渡されます。ですので、「時間を使って労働する=報酬がもらえる」という公式が常識として広まっているのです。

 

しかし実際は、労働時間と報酬が比例していない仕事も存在します。オンライン講座は

その仕組みさえ知ってしまえば、あなたもが働いていない時もお金をられるようになります。

 

では、なぜオンライン講座を作れば不労所得を得られるのでしょうか?

 

その答えは、一度オンラインで講座を販売すれば365日販売し続けてくれるため、あなたが働く必要がないからです。あなたが別のことをしていても、旅行していても、家族との団欒を楽しんでいる最中でも寝ていたとしても、ネット上ではあなたの代わりに販売活動が続けられています。

 

オンライン講座を作成して、不労所得を得る仕組みを構築出来ることが最大のメリットです。

 

時間にとらわれない

 

不労所得が得られるのが最大のメリットとお伝えしました。もちろん、不労所得としてお金を得ることができれば嬉しさや幸せを感じることでしょう。しかし、私がオンライン講座を作成してこころから良かったと感じるは『時間』です。

 

理由としては、オンライン講座を作成する前は仕事のやりがいや充実感を感じつつも忙しくて家族との時間もプライベートの時間もありませんでした。歳を重ねるたびにその忙しさが苦痛に変わり、稼げていても「何をしているのだろう」とさえ感じるようになっていました。

 

オンライン講座を作成したことによって、私が手に入れたものは自由な時間です。今はパソコンとスマートフォンさえあればどこにしても仕事が出来るので、このブログも大自然の景色をみながら書いています。

 

オンライン講座を作成する最大のメリットは、人によって変わるかもしれません。

不労所得を得たいのか?時間得たいのか?一度考えてみてください。

 

デメリットはないのか?

 

メリットの話をしましたが、デメリットはないの?と不安になる方もいるでしょう。デメリットがないと言ったらウソになます。大きく上げられるのが、作成までに時間がかかる、管理費必要となる、作成してもすぐには売れないこの3つではないでしょうか?

 

しかし、どんなビジネスでも多少の時間もかかりますし、お金もゼロではスタート出来ません、またすぐに売れるかは講座の内容はもちろん売るための仕組みを知っているかが重要になります。

 

デメリットもありますが、新たなビジネスをスタートさせるよりも、少額で始められるので現在のお仕事を継続しながらオンライン講座は作成できる点が何よりのメリットとも言えるでしょう。

オンライン講座とは?

オンライン講座

まず、最初にオンライン講座がどのようなものなのか知る必要があるでしょう。オンライン講座には、動画を配信するタイプと、生配信でリアルタイムに講座を開くタイプがあります。

 

ここまでの話でお伝えしたとおり、オンライン講座を作る最大のメリットは、時間に縛られることのない不労所得を得られることです。そのため収益の面では、動画による講座配信のほうが優れているといえるでしょう。

 

ここで1つ大切なのが、講座動画は適当に作ってはいけないということです。誰にも求められていないテーマを扱ったり、情報を伝える順番を間違えたりすると、誰からも見向きされず売れないオンライン講座になってしまいます。

 

たとえば自分が知っている分野だからといって、折り紙の仕方や宇宙ロケットの組み立て方をテーマにした講座を作ったとしても、売上は伸びないでしょう。

また、講座で伝える情報が尻すぼみになっていけば、たいした講座ではなかったという印象を持たれて終わる結果になりかねません。

 

こうした失敗を犯さないために、講座のテーマはしっかりと考えて選び、きちんと意図が伝わるように講座の構成を組むようにしましょう。

 

オンライン講座を作ることによって得られる未来

未来

オンライン講座を作成すれば、あなたの可能性が広がります。具体的には、あなたの仕事に対する考え方が変化し、新しいビジネスに挑戦する意欲が湧くでしょう。オンラインで行えるビジネスは数多く存在しますが、そのほとんどは時間を切り売りする仕事です。

 

クラウドソーシングサイトで仕事を探せばわかると思いますが、ホームページ作成やプログラミング、Webライティングなど、成果物を提出するタイプの依頼が大きな割合を占めています。

 

こういったビジネスでは、働いている間は収入を得られますが、怪我や病気で動けなくなれば収入が止まってしまいます。これでは、普通にアルバイトをするのと変わりません。

 

一方、オンライン講座は不労所得なので、作成が終われば大きく時間をとられません。

 

働かなくてもよい自由な時間が生まれるため、仕事に時間を縛られる日々から解放されます。そして、仕事に対するイメージが「辛くて大変」という考えから「好きなときに働けばいい」というものに変わるでしょう。

 

さらに、心と時間にゆとりが生まれることで、新しいビジネスに着手できるようになります。もしオンライン講座をいくつも作成し、販売に成功すれば、ほとんど労働時間を増やすことなく収入を上乗せできるでしょう。

 

どんなジャンルでオンライン講座を作ることができるのか

ジャンル

オンライン講座として扱うジャンルは、3つの条件に当てはまるものがよいでしょう。

 

1つ目は、あなた自身が興味をもっているジャンルであること

2つ目は、あなたの得意なジャンルであること

3つ目は、人の役に立つジャンルであること

 

これらの条件に当てはまる数が多いジャンルであるほど、売れるオンライン講座を作りやすくなります。

 

まず、あなたが興味をもっているかどうかで、作成する講座に盛り込むコンテンツを考える際の熱量が大きく変わります。興味がないジャンルだと「これくらいのコンテンツで十分か」と見切りをつけやすくなりますが、興味があれば「もっと情報を盛り込みたい!」という熱意によって、講座の情報量が自然と増えていきます。

 

次に、あなたが得意なジャンルであれば、オンライン講座で伝えられる情報の質が上がります。講座で扱うジャンルについてあまり詳しくない人がもつ疑問に対して、あらゆる角度で回答できるようであれば、他の人が作成した講座に引けを取ることはないでしょう。

 

そして、扱うジャンルが人の役に立つかどうかは、講座の需要に直結します。

お金を出してでも解決させたい人に寄り添えるジャンルの講座を作成できるよう意識してみてください。

 

3つの条件すべてに当てはまるジャンルが望ましいのですが、じつは誰でも持っているはずなのです。つまり、売れるオンライン講座を作るチャンスは誰にでもあるということです。

まとめ

 

オンライン講座を作る1番のメリットは、働いていない時間にも利益を得られるようになることです。しかし、作成するには扱うジャンルを明確にすることがとても重要となります。

 

そして、オンライン講座は作成しただけでは売れ続けることは難しいので売れるための仕組み作りを構築していくことが必要となります。

 

あなたのリソースが誰かのために役にたつことであれば、オンライン講座を作成することでたくさんの人を助けることができ、またあなた自身が様々なもの手に入れることが可能となります。

 

オンライン講座のメリットを活かして、あなたもオンライン講座にチャレンジしてみてください。

 

この記事を読んでオンライン講座作成してみたいと思った方は、こちらの記事を参考にしてください。

オンライン講座の作り方|知識やスキルを収益化する方法

 

(Visited 49 times, 1 visits today)