コミュニケーションが下手なのか?伝えたいのに、伝わらない人への【4つの改善ポイント】

コミュニケーションが下手なのか?伝えたいのに、伝わらない人への【4つの改善ポイント】

 

相手とのコミニケーションの中で、こんなことないですか?一生懸命伝えているのに相手に伝わってないかも?なぜ、伝わらないのだろう?と悩んだことは、ありませんか?

今回はコミュニケーションが下手なのか?伝たえたいのに、伝わらない人への【4つの改善ポイント】をご紹介します。

なぜ、伝わらないのか?

 

 

なぜ?伝わらない

ビジネスで、プレゼンをしたり、営業をして販売したり、交流会で自己紹介したりする場面で、自分なりに一生懸命伝えたけど、相手に伝わらない。。

 

1番悲しいのが自己紹介、緊張しながらも一生懸命伝えたのに、誰にも興味を持ってもらえなかった経験はありませんか?

 

一生懸命「伝えたのに、伝わってない」私自身も、このような経験を沢山してきました。なぜ?伝わらなかったのか・・それは、「本当に伝えたいことを、考えていない」からです。

 

相手とコミュニケーションをしたり、人前に立って話すとき、もしくは自己紹介するときに、本当に伝えたいことをあなたは、これまで真剣に考えて伝えていましたか?何も考えずに、その場に立ってしまったら、伝えたいことが、伝わらないのは当たり前です。

 

あなたが、今後相手に伝えたいことがあるならば、本当に伝えたいことを、しっかりと考えた上で、相手に伝えるようにしてください。

相手に、伝えるためにすること

 

内容を1つに絞る

それは、「内容を1つに絞る」ことがコツです。

 

あれも、これもと内容を沢山盛り込みすぎると、相手に伝わりにくくなります。お仕事でプレゼンをするなら、ブロックに分けてしっかりと内容を絞って伝える。

 

自己紹介であれば、1分から2分の中であれも、これも沢山伝えるのではなく、内容を1つに絞って自己紹介する。伝えたいことは、1つに絞って自己紹介もしくは、お仕事でのプレゼン、営業で活用しあなたが、伝えたいことを伝えてみてください。

伝えたいのに、伝わらない人への4つの改善ポイント

 

 

改善4つのポイント

Point!① 話すスピード

特に緊張してしまう方が要注意なのが早口です。早口ですと、非常に聞き取りにくくなります。また、一定のスピードではなく早く伝える、ゆっくり伝えるなど変化をつけることで、相手には聞き取りやすく、相手に伝わりやすくなります。

 

特に、ご自身の名前は、あなたを知ってもらうためには、早口で伝えるのではなくゆっくりと伝えましょう。

 

Point!② 声の強弱

人に、伝えるときは、同じ声伝えるときは、同じ声大きさよりも、本当に伝えたいことは、声を大きく伝えるそして、話すスピードはゆっくりと伝えることで、相手に伝わるようになります。

 

自己紹介であれば、あなたの名前がしっかりと伝わって、覚えてもらわなければ自己紹介する意味がないで、あなたの大切な名前は、ゆっくりと大きな声量で伝えて行きましょう。

 

Point!③ 言葉の間

相手に伝えるに、言葉の間というのがとても大切です。相手に、伝えるときに流れるように伝えるのも、悪くはないでが、例えば、あなたの名前を伝えるのでしたら苗字と名前に間を入れて伝えるのがポイントです。

 

これから、あなたが色々なことを相手に伝えていくのに、必ず伝えたいことはゆっくりと、そして強く言う。言葉と言葉の間あけるのが大切です。

また人と、コミニケーションをするとき、会話をしているときに、間が怖いってと思う人もいらっしゃいますが、その間は、相手にとっては、あまり気にならないですし、むしろ間をとることで、聞いている方に、しっかりとあなたが伝えたいことが、伝わります。

 

Point!④ 表情

人とコミュニケーションするときには、笑顔が大切と言われたことは、ありませんか?もちろん、笑顔で伝えることは大切ですが、あなたのこれまでのビジネスや、プライベートで過去の辛いこと、大変だったこと、良い時もあれば悪い時ももちろんあると思います。

 

辛かったこと、大変だった過去を話すときに、ニコニコの笑顔で話されたら、あなたはどお思いますか?本当に辛かったのか?と相手は疑問に思ってしまうのではないでしょうか?辛かったこと、大変だったことを話すときは、その時あなたが感じた表情で伝えることで、相手に伝わるやすくなります。

表情

辛かった、悲しかった、嬉しかった、楽しかった、あなたの素直な感情こそが、聞いている相手が、あなたの話にのめりこみ引き込まれます。

 

つまり、この人の話をもっと聞きたいと、相手の感情を動かすことができるのです。相手の感情を動かすということができれば、「伝えたいのに、伝わらない」という悩みは解決できます

ぜひ、あなたの素直な感情を言葉にしてみてください。

まとめ

あなたは、コミュニケーションが決して、下手ではないのです。

 

ほんの少し、伝え方を改善することで、あなたの伝えたいことは相手に伝わるようになります。

 

本当に伝えたいこと内容を絞る。そして、話すスピード・声の強弱・言葉の間・表情の4つ改善ポイントを取り入れて、あなたのコミュニケーションに対する悩みを解決していきましょう。

(Visited 157 times, 1 visits today)