なぜ?コンテンツ販売ビジネスを選ぶべきなのか?そこには理由があった

なぜ?コンテンツ販売ビジネスを選ぶべきなのか?

「今の仕事に不安がある。しかし、すぐには辞められない副業でコンテンツ販売出来ないのだろうか?」


デジタルマーケティングの専門家

杉山 永里子です。


これから個人でお金を稼いでいきたい、副業を始めたいけど、どのビジネスにするか迷っている、なぜコンテンツ販売ビジネスがいいのか知りたい人にこれからビジネスを始めるあなたに、コンテンツ販売ビジネスの魅力をお伝えしていきます。

 

この記事を読むことで、これから副業を始めるならコンテンツ販売ビジネスをするべきだと納得し、すぐにでもビジネスに取りかかれるキッカケが掴むことが出来ます。

コンテンツ販売ビジネス以外の副業

コンテンツ販売ビズネス以外の副業として様々な副業があります。

例えば

  • 投資(株、FX、仮想通貨)

  • ネット物販(有在庫、無在庫)

  • クラウドソーシング

  • MLM

  • ブログ(広告、アフィリエイト)

  • YouTuber

 

これらの副業でも稼ぐことはできますし、決して悪いビジネスだとは思いません。この中で、私がやったことのある副業は、投資とMLM(マルチレベルマーケティング)をしたことがあります。


まず投資は若い時に知り合いから勧められ投資した結果400万円を騙し取られ、コツコツと貯めたお金が一瞬でなくなりました。


「楽して儲かるよ」という甘い言葉にお金を払ってしまった自分に、何てバカなんだろうと今でも思います。


そのお金をコンテン販売ビジネスに活かしていればと悔やまれます。


MLM(マルチレベルマーケティング)は「友達に権利収入になるから」と誘われやってみたものの、そこに関わる人達の揉め事に巻き込まれ人が信じられなくなり数年やっていましたが権利収入になるということはありませんでした。

 

もちろん、投資もMLM自分でやると決めたことなので失敗したのは私の責任ですが、コンテン販売ビジネスと言う選択肢をもっと早く知りたかったなと思います。

 

あなたには、こうした数々の副業よりも、コンテンツ販売ビジネスを選んでほしいと、私は考えています。

 

コンテンツ販売を選ぶべき6つの理由

それでは1つずつ確認していきましょう。

1つ目の理由 小資本で始められる点

例えば投資を始める場合は、準備した資本によってリターンとして返ってくる金額が変わってきます。


少ない資本からでも始められますが、副業と呼べるほどの利益は望めません。本格的に副業として始めるなら、少なくとも10万円は必要になるでしょう。


つまり、副業で投資を始めるには、元手となるお金を多く準備しなければならないんです。


私は投資のお誘いがあった時、偶然にもお金があったため失敗してしまいました。あらためて、この時にコンテンツ販売ビジネス出会いていたらと考えてしまします。

 

コンテンツ販売ビジネスは自分の知識や経験をコンテンツとして販売できるビジネスなので、ビジネスにかけられる資本が少なくても始められます。


売り出すまでに必要な経費も数千円で収まる程度で、限りなくローリスクです。

 

手持ちが心もとなくても始められるのが、コンテンツ販売ビジネスの魅力でもあります。

2つ目の理由 在庫を抱える等の物理的な心配をしなくても良い

例えば物販を始めると、商品が売れるまで在庫を抱えなければいけません。もし商品が売れなければ、仕入れた分のお金は減ったままになるので、リスクとなってしまうんです。

 

無在庫販売でも、一時的に商品を置いたり梱包作業をしたりするスペースは必要です。一度に扱う商品が多くなれば、自宅のスペースでは足りなくなる場合もありえるでしょう。


そうなるとスペースとなる場所を借りることになり、これもリスクに繋がります。

 

コンテンツ販売ビジネスは実態のないデータを売るため、どれだけ販売するとしても在庫やスペースを用意しなくても大丈夫です。


在庫を管理しなくてもという点も、時間と手間が減るので嬉しいですね。

 

3つ目の理由 利益率が高い

利益率とは、売上に対する利益の割合のことをいいます。


例えば利益率が20%だとしたら、売上が100万円あったとしても、手元に残る利益は20万円ということになります。コンテンツ販売ビジネスでは費用を最低限に抑えることで、100%に限りなく近い利益率が実現します。


コンテンツを作ったり広告を出したりするのにお金をかけたとしても、70%以上の利益率を十分狙えるでしょう。

 

マクドナルド社における2020年度の利益率が12%だという事実を踏まえると、この利益率の高さがわかるのではないでしょうか。

参考元

 

4つ目の理由 月ごとに安定した収入が確保できる

クラウドソーシングなどの成果報酬では、仕事をすればするほど収入が入ります。逆にいえば、仕事をしなければ収入は入りません。


仕事をし続けないと収入が得られないので、副業で大きく稼ごうと考えると、本業に影響が出てしまいます。

 

コンテンツ販売ビジネスでは、売れる商品は長期間にわたって売れ続けます。


とくに手を加えることもなく、年単位で売れ続ける商品は多く存在し、いくつも商品を作ることで、安定して収入を得ることも十分可能となります。

 

また、コンテンツをサブスクリプション形式で売るという方法もあります。


多くのユーザーにサブスクリプションでコンテンツを販売できれば、毎月継続して収入を得られるようになります。

 

5つ目の理由 他の人やサービスに依存しない

他からの影響をもっとも受けやすいビジネスとして、MLMが挙げられます。MLMは紹介した人の数だけ収入につながるビジネスです。


集めた人が多ければ多いほど収入は多くなりますが、集めた人がグループから離脱すれば、収入はゼロになる、なんてことも起きてしまいます。それどころか、サービスを提供している会社が撤退してしまえば、MLMを継続することすらできません。

 

実際に私もMLMをしていた時にグループから離脱する人がいると収入が減ってしまうと心配ばかりしていましたし、離脱しないように小まめに連絡したりフォローする時間を大量に使って人に振り回されていました。


また会社が他社と合併し収入の体系が変更されることもあり収入は不安定でした。

 

コンテンツ販売ビジネスは決められたサービスを使う必要がないビジネスなので、使っているサービスが終了したとしても柔軟に対応できます。


仮に、コンテンツを売るために使っていた販売サイトが閉鎖したとしても、他の販売サイトで販売を再開するとこができます。

ネットで誰かと繋がっている限り、コンテンツ販売ビジネスはいつまでも続けられます。

 

6つ目の理由 結果が出るのが比較的早い

ブログやYouTuberは初収益を得られるまでに半年や一年といった長い時間がかかる場合がほとんどです。こう聞くと、ブログやYouTuberは時間がかかりすぎるように感じるかもしれません。


しかし、一般的な会社を立ち上げて、ビジネスを軌道にのせて、資本金を取り戻そうとすれば、月単位、年単位の時間がかかります。


それくらい、ビジネスで利益を得るのは時間がかかるものなんです。その点、コンテンツ販売ビジネスは早い段階で利益が望めます。コンテンツ販売についてしっかり理解して実践できれば、2週間で50万円、1ヶ月で100万円の収入も夢ではありません。


結果が出るまでに時間がかからないので、集中して取り組みやすく、結果が出しやすいビジネスともいえます。

 

私は、YouTubeで発信をしていますが決してYouTuberになりたいわけではありません。あくまでもコンテンツ販売ビジネスのトラフィックとして考えブログとYouTubeで収益を得るためではなく価値提供の場として発信しています。


全てはコンテンツ販売のための行動ですので、あなたもコンテンツ販売ビジネスをやろうと決めたら、ブログとYouTubeはトラフィックとして活用してください。

まとめ

コンテンツ販売ビジネスは、ビジネス4原則に対応している上に、比較的早く結果が出せて、他者に依存しないビジネスになります。


もちろん他のビジネスにも良い点はあるんですが、それを含めてもコンテンツ販売ビジネスは優れた点が多いです。


これから副業を始めるなら、まずはコンテンツ販売ビジネスから始めるのが最適だと、私は思います。「売れるようなコンテンツを持ってないからできません!」と諦める必要はありません。


じつはコンテンツ販売ビジネスは、販売する商品を自分が持っていなくても始められるんです。ノーリスクで安定した稼ぎが見込めるコンテンツ販売ビジネスに、あなたもぜひ挑戦してみてください。

 

(Visited 39 times, 1 visits today)