自己紹介の5つのポイント

自己紹介に必要なこと

 

自己紹介をどのようにしたらいいのか?全く分からないと悩む人も多いと思います。

自己紹介は、自分がどのような人物なのか?を伝えることであり、他人があなたのことを知るために自己紹介をします。

 

今回は、緊張してうまく自己紹介出来ない人へ5つポイントをお伝えします。

自己紹介の5つのポイント

ポイント① 自己紹介で名前は忘れずに

 

緊張しすぎて、自分の名前を言い忘れたことありませんか?自分の名前は絶対に忘れてはいけません。名前は、相手との関係を築こうとする際に最も重要な要素。 

 

どんなに自己紹介が素晴らしくても、名前を言わなければ「あの人誰でした?」と覚えてもらえませんし、連絡を取りたくても名前が分からないと連絡を取ることも難しいです。

 ある程度、面識がある人達に自己紹介する場合でも、「自分という人について紹介します!」という意味も込めて必ず名前を言うようにしましょう。

 

ポイント② あなたの基本情報を話そう

 

基本情報を自己紹介に入れることで、どのような時間を過ごしてきたのか?共通部分があるのか?

あなたの基本情報を自己紹介に入れると、あなたの価値を伝えることができアピールすることでビジネスチャンスに繋がる可能性もありますので、 基本情報はしっかりと伝えましょう。

 

ポイント③ 人となりを伝えるエピソード

 

あなたが、どのような性格を持った人なのかを伝えることも自己紹介において大切なことです。 これまで、どんな経験をしてきたのか?

どのように行動し、考えたのか?単純に「明るい性格です」「積極的です」と伝えるより「学生時代は、〇〇さんの影響を受け海外でボランティア活動したことが、

今の私の考え方に繋がっています」と自己紹介に入れた方が伝わりやすいです。

あなたの人となりが分かるエピソードが人の心を動かす自己紹介となります。

 

ポイント④ 自分の強みを活かす

 

自分がどのような強みがあるのかを示すことも自己紹介では大切です。

強みをうまく伝えることで聞いている人に良い印象を持ってもらうことができ、ビジネスにおいても繋がる可能性もあります。

また、その後の関係性もより深くなり、自分がどういうところに自信を持っているのか、はっきりと伝えることで、

「信頼関係や自立している人」と印象を与えることができます。 アピールができるあなたの強みは遠慮せずに伝えましょう。

 

ポイント⑤ あなたの今後の抱負が相手の心を動かす

 

抱負を伝えることによって、「これから、何をどのようにして取り組んでいくのか?目標をしっかり持っている」という印象を相手に与え、

抱負がある人とそうでない自己紹介の人では大きな差が出ます。

また、目指していることに集中して自己紹介をすることで、周囲からあなたの目標に対する有力な情報を得ることができる大きなメリットもあります。

今後のために抱負を自己紹介に取り入れましょう。

まとめ

自己紹介は、あなたがどのような人物なのか?を伝えることです。オリジナリティーも大切ですが 

まずは、5つのポイントを忠実に守り、あなたの自己紹介を作成すると、相手にもわかりやすく緊張せずに相手に伝わる自己紹介になりますので

是非、試してくださいね!

 

(Visited 49 times, 1 visits today)