「話すのが苦手」を克服する方法

自己紹介した後の会話に困ってしまう人は、どうすれば良いのか?

 

何とか、自己紹介はスムーにできたけれど、その後の会話困ってしまう。。こんな経験ありませんか?

人との会話が苦手で何を話したらいいのか、悩んでしまう。さらには、会話が出来なくて沈黙が怖いと感じる・・

 

話すのが苦手なことを何とかしたい、あなたへ「話すのが苦手」を克服する方法をお伝えします。自己紹介後の円滑な会話コミニケーションをとって仕事も恋愛もうまく進めたい人はぜひ参考にしてください。

 

まずは、会話に対する考え方を変えることが大切

 

会話のテクニックを学ぼうとするのではなく、まずは意識を変えていきましょう。会話が苦手だと、と言う悩みを持っている人は、そもそも話が下手なのではありません。

 

会話が下手だと思っているのは、あなた自身だけで相手からは何とも思われてないことも多いです。人の目や評価が気になってしまう人は、上手に会話しようという考え方から離れる。

意識を変えていくことから始めていきましょう。

LINE・メール等のSNSで会話が成立しているのが原因

 

 


近年では、LINEやメールSNSの発展が進み、人と面と向かって話す機会が減っている方も多いのではないでしょうか?

日ごろから人と話す機会がないと、その方法もどんどんと忘れてしまいます人と話す機会が、減少しているために話すのが苦手と感じる原因の1つでは無いでしょうか?

 

そもそも、会話に明確な成功・失敗はありません。その場を、穏やかに楽しむことを第一に考えればいいです。無意識に「話さなくてはと」思い込みをしていませんか。「相手を、楽しませなければいけない」「うまいことを、言わなければいけない」などの思い込みが、苦手意識をさらに加速させていきます。

 

何を話せばいいのか?話題が思い浮かばないと考えたり、会話が続かないと場の空気が悪くなったり、相手に不快を与えてしまったり、自分の評価が落ちてしまわないか不安になってしまいます。

まずは、うまく話す話さなくても大丈夫と、考え方をを変える事が大切です。

プロの聞き上手になろう

 

話すのが苦手な方は、聞き上手になることをオススメめします。理由は、人は話を聞いてもらえると、聞いてくれた、受け止めてくれた、深くわかってらえたと、感じ相手との信頼性が生まれます。

 

また、相手はあなたに自己開示をし、さらに話をしてくれるように変化します。

 

聞き上手になると、自分が話さなくても相手が自ら話をしてくれるので困りません。話すのが苦手でも真剣に、相手の話を聞くことさえできればコミニケーションが出来、深い信頼関係が生まれます。

聞き上手になるメリットとは?

 

 

 

1 話している人の情報が得られる

2 話している人があなたに話しながら自己開示できる

3 あなたとの関係性が深まる

では、信頼性関係ができるとはどうなっていくでしょう。

信頼関係が、構築できると相手は不安に感じていることや悩みを話してくれるようになりその不安をしっかりと聞くことで、あなたへの安心感がアップし信頼度もアップします。

また、相手は話すことによって、胸の内にたまっていたものをスッキリさせる効果もあり、自分が言っていることを、客観的に捉えるようになります。

 

よく、こんな場面ありませんか?相手が話しながら「あーそうそう、こういう事だったよね」というような場面ありませんか?まさに、これがスッキリと客観的にとらえた瞬間です。

 

相手が話していて、心地よいそして楽しい雰囲気を作り出せる、プロの聞き役になれば相手が自然と話題を出してくれるようになります。あいづちを打ったり、会話中は相手の目を見る、リアクションをするなど真剣に聞いている態度を示しましょう。

 

そして、プロの聞き役になったら、相手から色々な話題を引き出せるように質問上手の達人になると、初対面の人との会話も楽しめるようになります。相手の仕事や趣味、楽しみ方や好みなど相手の意見を上手に引き出せる、質問上手を目指してみてましょう。

まとめ

話すのが苦手な人は、聞き上手になることが克服への1歩

話さなくても、聞き上手になることで、相手のことを知ることができ、真剣に話を聞くことで、相手との距離は縮まり、信頼関係を構築していくことができるでしょう。

 

メールやLINEなどのツールが発展した現代は、人と会話をする機会も少なくなってしまってい意外と話すのが苦手と、感じる人もたくさんいらっしゃると思います。

 

最初から上手に話そうと思うのではなく、まずは相手の話を真剣に聞くことで、相手との信頼関係が生まれ徐々に会話への苦手意識も薄れていきます。

相手を思った聞き方や態度を心がけて、ビジネスに活かしていきましょう。

(Visited 41 times, 1 visits today)